社会労務士の仕事とは

社会保険労務士の仕事は、おおまかに、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行うこと、企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行うこと、の2つです。
就業規則の作成・変更や、賃金制度の設計などの人事労務管理のコンサルティング、年金の請求に関わる書類作成などの年金相談、労働社会保険の手続き、給与計算などの労働保険手続きの代行、などを行います。

社会保険労務士の具体的な仕事は、下記の3つに分けられています。これは社会保険労務士法第2条に記載されています。

◆1号業務
・労働社会保険諸法令に基づく書類の作成、提出代行
これは、健康保険、雇用保険、労災保険等への加入、脱退、給付手続き、助成金の申請などを指します。

◆2号業務
・労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
これは、労働者名簿・賃金台帳の作成、就業規則、各種労使協会の作成等を指します。

◆3号業務
・人事や労務に関するコンサルティング
これは、人事配置、資金調整、企業内教育などのコンサルティング等を指します。

このうち、1号業務と2号業務は、社会保険労務士にのみが行うことができる仕事です。
3号業務に関しては、社会保険労務士の資格を持っていない人でも行うことができます。資格を生かして企業で働く場合、1号業務と2号業務にあたる仕事を行うことがほとんどですが、開業して独立する場合には、安定した収入を得るため、3号業務と行うことは必須です。
1号業務、2号業務ができることが当然のこととして、企業との顧問契約を得るために、コンサルティング力を全面に押し出した営業で、他との差別化をはかることができます。