社会保険労務士事務所を開業するには

社会保険労務士は、資格を取得した後、約半数が開業をすると言われています。
起業に勤務して資格を生かした仕事をするよりも高い収入を得られる可能性がありますし、他の資格業と比べ、企業との顧問契約をとりやすいとも言われています。
しかし、社会保険労務士の中には、100万~200万程度の収入しかない人、全く収入がない人もおり、開業後2年以内に廃業してしまう新規開業者が多いのも事実です。

社会保険労務士事務所を開業するには、法律、労務の専門家としての幅広い知識を身につけることが必要なのはもちろんのこと、安定した売り上げを確保するために、企業との顧問契約を欠かすことはできせん。
そのためには企業が抱える具体的な問題に対して、助言を行う力が必要です。
例えば、起業、マーケティング、簿記、所得税法、営業などの知識は身につけておかなければなりませんし、労働社会保険関係の法律については、常に新しい情報を得なければなりません。
労働関係の民事訴訟なども、知識を身につけることが望まれるでしょう。

また、自分の専門性を確立していくことも大切です。
実務経験を積み、ある特定の分野、例えば給与計算については、どのような状況でも解決策を見いだし、助言をすることができるようにしておくこと。
広く浅い知識よりで仕事をするよりも、ある分野に特化しているということは、その分野で問題を抱える企業から見れば、自分たちの需要に合った、仕事を頼みたい相手となります。
それぞれ専門性、強みをもった社会保険労務士同士で、連携して仕事を行うことも選択肢のひとつです。
より深い知識を持った専門家集団となることは、開業したのち、長く事務所を継続していくための大きな強みになります。