社会保険労務士とは

社会保険労務士とは労働関連法や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行い、また企業を経営していく上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行うことを職業とする為の資格、およびそれを職業とする者をいいます。
法律的には社会保険労務士法という法律があり、社会保険労務士法は労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的としています。

では、具体的に社会保険労務士は何ができ、どのような仕事をする者なのでしょうか。
資格試験に受かって初めて開業できる士業の先生方にはそれぞれ、独占業務というものがあります。
その資格を保有し登録し開業しなければ、業務としてしてはならない仕事が独占業務ですが、社会保険労務士の独占業務は、就業規則の作成や届出を業として行うこと、厚生労働省に申請する助成金の申請など、これらが社会保険労務士の独占業務です。
ですので、これらの業務は他の士業の人であっても業務としてすることはできません。
社会保険労務士にだけ許された業務です。

より具体的にイメージしやすくするために、社会保険労務士の仕事について考えてみると、一番分かりやすい例がコンサルタント業ということではないでしょうか。
企業に対して経営のアドバイスをするだけでなく、就業規則や助成金の申請書までも企業から請け負って作成提出ができます。
社会保険労務士は労働・社会保険などなど、企業の経営者だけでなく企業に勤める労働者の心強い味方です。職業安定所などでは、その地域の社会保険労務士の一覧が掲示してある場合もあり、労働関係・社会保険関係のスペシャリストとして、社会で認知されています。