営業力を身につけ、社会保険労務士として独立する

社会保険労務士として仕事をするには、企業に勤務する形態と、開業し、独立して仕事を行う形態があります。
企業にサラリーマンとして勤務することで、自分で営業をしなくても仕事はありますので、安定した収入を得ることができます。
開業では自身で営業をして仕事を得る必要があります。それによって、サラリーマンとして勤務するよりも、高い年収を得られる可能性があります。

独立した社会保険労務士の主な収益は、企業との顧問契約から得られます。労務、社会保険、雇用、賃金など、これらの問題を、常に企業はかかえています。
企業と顧問契約を結ぶということは、こういった問題に対して助言を行います。
そこで信頼を得て、引き続き契約を継続していくことで、安定した収入を得ることができます。
つまり顧問契約を結べば、それだけ収入は上がるということになります。
この契約を結ぶには、社会保険労務士としての実力はもちろんのこと、営業力が必要になってきます。
独立した社会保険労務士は営業も自分自身で行う必要があるでしょう。

社会保険労務士に限らず、新規の顧客を開拓することは、とても大変です。
そこで大切なのは、手当たり次第に営業をかけるのではなく、自分の得意分野、これまでの経験から、他の社会保険労務士と比べて、自分にはどういう持ち味があるのかを考えることです。
そこで、自分らしさが発見できれば、それをポイントにして顧客にする対象企業を絞り、営業をかける企業に対して、どのような提案ができるのかを考えます。

具体的な提案を考えることで、企業の担当者が話を聞いてくれる可能性も高まります。
また、こういった提案には、社会保険労務士としての知識を越えて、経営をコンサルタントする、という視点が必要です。
まずは、営業をかけたい企業の現状を知り、理解すること。これが、顧問契約のための第一歩です。